大人のためのサロンコンサート、行いました。アットホームで、でもなおかつ響きの良いスタジオで演奏も思い切り自己表現できました!

大人のためのサロンコンサート、行いました。アットホームで、でもなおかつ響きの良いスタジオで演奏も思い切り自己表現できました!

2018年11月19日(月)4:58 PM

2018年10月28日日曜日、西葛西アートバレエスタジオにて、大人の生徒さんのためのミニ発表会「オータムコンサート」が行われました。参加者は6名、広々としたスタジオを贅沢に貸し切って、お仲間同士のほのぼのしたムードの中、演奏をするのも聴くのも思い思いに楽しんでいらっしゃいました。

 

午後1時半、それぞれ10分ずつリハーサル。普段とは違う照明やムードに少し緊張気味。響きや音のバランスを確認して午後3時いよいよ本番です!

 

ここからプログラムをご紹介させていただきます。前半は「クラシカルピアノ」後半は歌やマイクなども使用した「ポップスミュージック」と2部構成で進めていきました。

 

まずはピアノソロ中心の「クラシカルピアノ」です。

 

1.50代男性 ピアノソロで中島みゆき作曲「糸」

昨年の夏にご結婚される娘さんのために、披露宴で弾きたい!とピアノを始められ、1年間大切にレパートリーとして弾き続けてこられた曲です。安定感があり音に艶がでてきました。アレンジはオリジナルで、初心者の方でも弾きやすく、華やかに聞こえるように工夫されています。

 

2.30代女性 エリーゼのために、エンターティナー

タイプの違う2曲を選曲されました。弾き方を変えることで、表現の幅を広げられたと思います。小学生の息子さんと一緒にレッスン頑張っています!

 

3.70代男性 サン・サーンス「白鳥」

原曲はチェロで有名な曲です。また新たなレパートリーが増えましたね。

 

4.50代女性 ショパンワルツイ短調遺作

久しぶりの人前での演奏だそうです。ご本人曰く指が震えていたそうですが、そんなことは全然!とてもきれいなワルツでしたよ!

 

5.70代男性 ベートーヴェン月光ソナタ第一楽章

この曲はすっかり十八番、レパートリーになりました。本番のたびに強弱の幅が広がってくる感じもします。

 

ピアノの音色をたっぷり堪能したところで、ここから「ポップスミュージック」と題して、ポップスの曲を題材に歌なども交えていきます。トークあり衣装ありと、エンタテイメントを意識したステージでした!

 

6.50代男性 ビリー・ジョエル「New York State of Mind」

先ほどの「糸」とはがらりと変わり、ブルーノートが効いた大人のテイストの曲です。アルペジオのアドリブも格好良く決まっていました!

 

7.50代男性 Julie London「The end of the world」松田聖子「Sweet memories」

ご本人の選曲で弾き語りです。原曲を再現するより、ご本人の出したい世界観を加えたアレンジ。なかなか味がありました!

 

8.70代女性 竹島宏「恋町カウンター」

歌のクラスの方の演奏です。楽しいノリのいい歌で盛り上げて下さいました。

 

9.50代男性 ラストダンスは私に

7番目の弾き語りの方の3曲目。これもしっかりしたご本人の表現があって、でも聞きやすい演奏。レパートリーももう数十曲、本当に音楽を楽しんでいらっしゃいます。

 

10.70代女性 髙橋真梨子「ごめんね」

最後は先ほどの歌の方ががらりと変わり、しっとりとした歌声で締めてくれました。一緒に出演して下さってありがとうございました。

 

 

手作りのプログラム                           演奏後にほっとリラックス!

 

 

 

音符のカードに手書きのコメント加えてお一人一人にお渡ししました

 

熱気ムンムンの半日でした。演奏後は近くのロイヤルホストで演奏の語らい、また来年も楽しみにレッスンに励みましょう!と締めくくりました(^^)

 


  |  

Return to Top ▲Return to Top ▲